フリーターとして自信を持って挑もう!

af0100000609l

 大学を卒業したものの、就職活動に乗り切れず結局フリーターの身に。そろそろきちんと就職をしたいが、フリーターで働いてきた自分に就職のチャンスはあるのだろうか・・と悩んでいる方へ。

 就職活動は年々厳しくなっていますから、フリーターという立場は確かに有利とは言えません。しかし、だからといって就職をあきらめる必要はないのです。たくさんの会社がある中で、きっとあなたを必要としている会社は存在します。だからこそ、諦めることなく就職先を探し続けましょう。

 もし、いくつか面接を受けているのに不採用の通知が続いているようなら、根本から見直していく必要があるかもしれません。就職活動に大切なのは、自信と熱意です。フリーターだからといって過剰に自分を低く見てはいないでしょうか?また、就職したいという熱意をきちんと相手の会社に伝えられているでしょうか?就職は自分自身を見つめる作業でもありますから、ひとつひとつを見直していきましょう。

 例えば、居酒屋でフリーターとして働き続けた経験があるなら、どのようなトラブルが起きてどう対処し、解決できたか具体的に話しましょう。仕事で起きた困難を、仲間と協力して乗り越えたエピソードは、仕事に対する真面目さのアピールに繋がります。

【おすすめサイトのご紹介】
フリーターの就職サイト
フリーターが正社員として就職するための情報が満載!

 また、会社で働きたいという熱意も明確に伝えるべきです。今まで正社員の経験がないのなら、逆に正社員として初めて就職したいと感じた会社であることをアピールしてはいかがでしょうか。きっと、その熱意は面接官にも届くことでしょう。大切なのは「フリーターだから」と自分を低く見過ぎないことです。会社はこれから成長していく人材を魅力的に感じます。だからこそ、自分自身を見つめ、自信を持って就職活動にチャレンジしていきましょう!