大学中退者を対象とした就職活動のアドバイス

職業安定所などが主催となる就職説明会に参加する

 大学中退者が就職活動を行う場合、高卒を対象にした求人や中途の採用を対象としている求人にしか応募ができない事に注意をします。職業安定所や求人のサイトなどに登録をして、職業安定所などが主催となっている就職説明会の情報を得ます。就職説明会では、大卒中退者を対象とした求人や参加する企業が多いので、時間があれば多くの企業のブースを見回る姿勢が重要です。

OBやOGなどの訪問を積極的に行う

 あらかじめ大学中退者が企業の求人に応募する場合、応募先の企業に働いているOBやOGなどに自分をアピールする事で、自分を知ってもらう姿勢が大切です。OBなどに面談の約束の時間を作ってもらって、企業の情報や採用試験に有利になるように自己PRを会社訪問で行っておく機会を多く作ります。

将来的にやりがいのある仕事を探す

 大卒中退者であって、仕事の正社員としての経験がなかったとしても、定年まで働けるようにやりがいなどのある仕事を見つける時間を作る事が大切です。自分が社会人として仕事に貢献したい事を研究して、将来的にどんな職種や業種に就いているかを把握して、将来の自分像と結びつけながら就職活動を行います。これまで経験した仕事にやりがいがあった職種や業種ならば、経験した職種や業種に的を当てながら就職活動を展開します。